貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

プラチナの種類について知っていますか?それぞれの違いをご紹介します

あなたはプラチナに種類があることをご存知でしたか?
実は単にプラチナといっても、いくつかの種類に分けることができ、さらにそれぞれ特徴があるのです。
そこで今回は、プラチナの種類とそれぞれどう違うのかということをご紹介します。

〇Pt999
こちらは純度が99.99パーセントになっている全てのプラチナの中でも一番純度が高いプラチナのことを指します。
実はこのプラチナは前まではPt1000と表記されていました。
これは純度が100パーセントということですが、2012年に造幣局の指示によってPt999に変更されてしまいました。
そのため現在では純度100パーセントのプラチナは存在しないということになっています。

〇Pt950
こちらは純度が95パーセントのプラチナのことを指します。
では残りの5パーセントには何が含まれているのかというと、バラジウムなどが含まれています。
またバラジウムだけでなく、イリジウムやテニウムという物質が混ざっていることもあります。

〇Pt900
こちらは純度が90パーセントのプラチナのことを指します。
私達がアクセサリーとして身に付けているプラチナにはこのPt900が主に使用されています。

〇Pt850
こちらは純度が85パーセントのプラチナのことを指します。
このランクのものもよくアクセサリーとして使用されています。
ちなみに国際標準化機構などがアクセサリーとして認めているプラチナはこのPt850が最低ラインになっています。

〇Pt650
こちらは純度が65パーセントのプラチナのことを指します。
実は私達の生活で使用されているプラチナはこのPt650以上のものがほとんどになっています。
これ以下の純度のものになると、立て爪のパーツなどに使われていますがほとんど使用例がありません。

〇純度によってプラチナはどのように変わるの?
純度が高いほどプラチナが柔らかく、純度が低くなるほど硬くなっていると言われています。
柔らかいプラチナの方が加工に適しているように思われますが、宝飾品としてある程度の加工を施すためには硬度も必要だとされています。

しかし、純度が高い方がアレルギー反応を起こしにくいとも言われています。
そのため金属アレルギーの方であっても、純度の高いプラチナの製品なら安心して身に付けていただくことが可能です。

今回はプラチナの種類とそれぞれの違いについてご紹介しました。
あなたが持っているプラチナを使用した製品はどの純度のものに分類することができましたでしょうか?
是非参考にしてみてくださいね。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける