貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

貴金属買取でも高価なプラチナ!種類ごとの相場とは?

貴金属のなかでも希少価値が高く効果で買取されることも多いプラチナですが、実はプラチナの中にもさまざまな種類が存在し、相場も種類に応じて異なります。
「えっ!プラチナを買取に出そうと考えていたけど種類があることを知らなかった」、「種類によって買取相場はどれくらい変わってくるの?」と驚きや疑問を持った方がいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。
そんな方々のために今回はプラチナの種類ごとの相場についてご紹介します。

プラチナの純度

プラチナの種類は主に純度の違いによって分けることができます。
プラチナはそのものの性質上、純度の高いものほどやわらかく加工に不向きであると言われています。
そのため、宝飾品としてプラチナを使用する際にはパラジウムやルテニウム、イリジウムなど他の金属を配合して強度を高めることが多くあります。
プラチナ製品は純度が高ければ高いほど値段が上がり、金属アレルギーを起こしにくいという特徴があります。

種類ごとの相場

相場は日によって変動するため、この記事では2018年12月10日10時時点での当店での相場を記載していおります。

Pt999

プラチナの純度が最も高い99.99%のものです。
2011年まではPt1000と記載されていましたが、プラチナ100%のものは現時点では存在せず、2012年に造幣局によって表記の仕方が変更されました。
ただし買取店ではいまだにPt1000の表記が使われているところが多いため、Pt999と同義でとらえてよさそうです。
Pt999はインゴット(延べ棒)とそれ以外で価格が異なります。
インゴットは1kgで1gあたり約3,076円の買取価格です。
インゴットでない場合は1gあたり約2,458円です。

Pt950

純度が95.0%のプラチナです。
プラチナジュエリーの国際基準として定められているのがPt950以上であるため、海外の高級プラチナジュエリーではPt950がよく使われます。
1gあたり約2,338円で買取されています。

Pt900

純度が90.0%のプラチナです。
10%の割り金が使われており、Pt999やPt950と比べて強度が高く加工がしやすいことから、日本国内で販売されているプラチナの宝飾品の多くがこのPt900を使用しています。
1gあたり約2,215円が買取価格です。

Pt850

純度が85.0%のプラチナで、日本においてプラチナ製品と認められる最低ラインです。
1gあたり約2,092円で買い取られています。

関連ページ
貴金属買取を考えている方必見!プラチナの特徴と用途とは?
貴金属買取の際に気になる!金とプラチナの違いとは?

まとめ

以上、今回はプラチナの種類ごとの相場についてご紹介しました。
相場は日々変動するものですので、買取に出す際にはその時の相場を参考にしてみるとよいかもしれません。

関連ページ
貴金属・ジュエリー プラチナ買取に関するページ
工業系貴金属プラチナ系金属買取に関するページ

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける