豆知識 bits of knowledge

意外と知らないプラチナのアクセサリー以外の使用用途とは?

あなたは「プラチナ」と聞くとどんなものを思い浮かべますか?
おそらくほとんどの方がアクセサリー思い浮かべるのではないでしょうか。

確かに私達の身の周りでよく目にするものはアクセサリ-かもしれませんが、気づいていないだけで実はいろんなところに使われているのです。
そこで今回は、このプラチナがアクセサリー以外のどのようなものに使われているのかということをご紹介します。

〇自動車排気ガス用触媒
プラチナを工業用で使用する際の目的として一番使われているのが、この自動車排気ガス用触媒です。
自動車を走らせると排出される排気ガスには有毒なガスが含まれてしまっています。
しかし、プラチナなどの白金属を使用することでこの有毒ガスを二酸化炭素に変えることができると言われています。

このプラチナを自動車のマフラー部分にコーティングしてあげることで触媒効果を発揮してくれるのです。
これはプラチナなどの白金属以外では効果を発揮してくれないため、極めて貴重な資源だということができるでしょう。

〇燃料電池
最近よく聞くようになった「燃料電池」にもプラチナは使用されています。
燃料電池の電極板には耐酸性や耐食性が欠かせないため、どうしてもプラチナが必要になります。
ただし燃料電池を1つ作るために約100グラムものプラチナが必要とされるため、費用がかかってしまうことでも知られています。

〇白金ナノコロイド
美容分野に対して興味のある方であれば、この「白金ナノコロイド」という言葉を聞いたことのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。
実はこの白金ナノコロイドにもプラチナが使用されているのです。

これはプラチナを10億分の1メートルの微粒子にまでナノ化したもので、サプリメントとして使用されています。
そしてこのプラチナを使用したサプリメントには、デトックスの効果が期待できるとされています。
「金属を食べるのは健康的に大丈夫なの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、こちらに関しては国の機関である厚生労働省がきちんと認可を与えていますのでご安心ください。

〇万年筆のペン先
身近な例でいうと、プラチナは万年筆のペン先にも使用されています。
万年筆というと、細い線が綺麗に書けるということで重宝されていますよね。
この細い線を綺麗に書くという技術はプラチナの性質によって支えられているのです。

中にはプラチナを使用していない万年筆もありますが、プラチナを使用しているものとしていないものとでは書き心地が全然違います。

このようにプラチナはアクセサリー以外にもいろんな場面で使用されているのですね。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける