貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

アンティークコインとは?買取は可能?価格はどれくらい?

アンティークコインは、内部に金や銀などの貴金属が含まれていることがあるため、買取可能な貴金属の一つです。アンティークコインの売却をお考えの場合、「このアンティークコインは買取してもらえるのか?」などの疑問をお持ちの方もいるでしょう。
そこで今回は、アンティークコインの基本的な知識を交えながらアンティークコインの買取について解説していきます。

アンティークコインとは?

アンティークコインとは、100年以上前の古い外国のコインの総称です。

主に古代以降、中世時代に生まれたコインを指す場合があります。中世といっても国によって異なり、定義も定まっていません。現在では、100年以上前のコインを総称してアンティークコイン呼ばれることがあるようです。

アンティークコインは、その古めかしい味のある見た目から世界中にコレクターが存在しますが、金や銀などの貴金属で作られていることが多いことから、物質としての価値が高く、高額買取できる可能性があることについても評価されています。

●アンティークコイン人気の背景

アンティークコインは、投資目的で購入することがある意味、ブームとなった時期があり、より注目されたことが、昨今の人気の背景といわれています。

すでにアンティークコイン投資に関する書籍も多く存在しており、資産運用の一種ともなっています。

もちろん、アンティークコインは、観賞用や貴金属・ジュエリーとしての価値もあります。お気に入りの美しいコインをアクセサリーに加工して身につけるといったこともされています。

関連ページ
地金と金貨、どちらがお得か比較してみました
金投資の方法の比較!

アンティークコインは他の貴金属・ジュエリーと同様、金・銀などの貴金属が含まれているため、買取が可能な場合があります。そのため、アンティークコインも買取対象となり得ます。

例えば、イギリスコインの「歴代国王金貨(5ギニー)」、「歴代国王金貨(5ポンド)」「ウナとライオン」などのほか、その他のヨーロッパコインとして、オーストラリアコイン、フランスコイン、イタリアコイン、スイスコイン、ドイツコインの買取も可能です。

また、アメリカコインでは「セントゴーデンズ」「ウルトラハイリリーフ」「リバティハイリリーフ」などがあり、これらも買取できます。

その他「都市景観コイン」「古代コイン」「女神コイン」「射撃祭コイン」「銀貨」のアンティークコインの買取も可能です。

買取査定の際には、精製・分析して、アンティークコインに含まれる貴金属の量を測定します。よって、お手持ちのアンティークコインがどのくらいの価値があるのか、ということは精製・分析して初めてわかります。

もちろん評価する価値は、貴金属の有無や量による価値であるため、アンティークコインとしてあまり見映えがよくないといった状態でも精製・分析および買取は可能です。アンティークコインをお持ちの場合には、査定を検討されてみるのも一つの方法です。

関連ページ
貴金属の査定から買取までの流れって?

アンティークコインの買取価格相場

アンティークコインは、先述の通り、それぞれ含有されている貴金属量に違いがあるため、全て一旦お預りの上で精製分析を行い、後日含有されている貴金属を回収の上で御精算となります。

貴金属含有量にもよりますが、貴金属が高品位で含有されている場合は、例えばアンティークコイン等をお預りして、1枚3,000,000円で買取したケースも決して珍しくなく、まずはお客様お手持ちのアンティークコインがあれば、お気軽にお問合せを頂ければと思います。

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、専用分析機材・精製装置を用いて高い貴金属回収率を実現しています。売却をご検討の方はぜひご参考ください。

関連ページ
金の買取における相場と流れとは?

まとめ

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、アンティークコインをはじめとした、貴金属・ジュエリー、及び記念コイン等のあらゆるコインについても、幅広い種類に渡り、買取を行っています。
アンティークコインに関してはもちろん、その他のコイン、貴金属・ジュエリーについても、買取を希望されている方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

アンティークコインの買取に関するページ
金コインの買取に関するページ
銀貨の買取に関するページ

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける