貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

生活を支えるレアメタル!その用途を種類別にご紹介

皆さんは「レアメタル」という言葉を耳にしたことはありますか?
一般的に需要に比べ採掘量が少なく、文字通り「レア」な金属を指します。
日常生活で直接目に触れることはなくとも、あちらこちらで大活躍してくれています。
そこで今回は、そんな貴重なレアメタルの用途を種類別にご紹介します。

□クロムやニッケルの使い道
レアメタルの中でも、比較的有名なのがクロムやニッケルです。
なぜなら、鉄や銅など我々にとって身近な一般金属の加工に使われるからです。
具体的には金属の強度を増し、さびにくくする働きを持っており、合金を作る際に使われます。
この金属が無ければ強い鉄、銅を作ることはできません。

□リチウムやニッケルの使い道
リチウムやニッケルといった金属を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらのレアメタルは主に電池に使われています。
繰り返し充電のできる電池は、ゲームやスマホ、タブレットが一般的になって現代の生活には絶対に欠かすことができないものです。
また、リチウムイオン電池の中にはコバルトというレアメタルも使われています。

□チタンの使い道
チタンはこれまでのレアメタルと違いあまり聞きなじみのないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
チタンは耐久性に優れ、航空機や原子力発電所、また、化学製品のプランとなどに使われる金属です。
身近な生活にこそ使われていないものの、強度が必要な現場に欠かせない貴重な金属です。

□モリブデンやパラジウムの使い道
モリブデンやパラジウムは日常生活では滅多にお目に掛からない金属であるため、名前やその用途をご存じの方の方が少ないでしょう。
これらの金属は主に化学製品向上で触媒として使用されています。
また、パラジウムは自動車の排ガスを浄化する触媒としても利用されています。

□まとめ
このほかにも数多くの金属がモーターや医薬品、電極など数多くの製品に使用されています。
レアメタルはまさに「生活の一部」として我々の便利な暮らしを支えてくれています。
これらのレアメタルは世界のある地域に偏在しているケースも多く、流通量が少ないため、高値で取引されています。
そのため、ごく少量であっても思わぬ金額で買い取ってもらえるケースも少なくありません。
もし、今回紹介したレアメタル達がお宅に眠ったまま放置されているのであれば、ぜひ一度買い取りを検討してみてはいかがでしょうか。
思わぬ収入が手に入るかもしれません。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける