貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

貴金属の王と言われるプラチナをもっと知ろう!プラチナの歴史とは?

「プラチナこそ貴金属の王である」この言葉はジュエリーの現代史の巨星ともいえるルイ・カイティエによって言われた言葉です。
ルイ・カイティエは、常に時代を先取りする宝飾品ブランドとして創業した当時から今に至るまでの間ずっと先頭を走り続けてきたブランドを立ち上げました。

そんなカイティエに褒められるプラチナとはどんなものなのでしょうか?
そこで今回はプラチナの歴史についてご紹介します。

〇発見されたのはエジプトだった
初めてプラチナが使用されたのは3000年以上前のエジプトで、ファラオの装身具に使用されたと言われています。
現在残っている一番古いプラチナを使った製品はこのエジプトで発見された「テーベの小箱」という製品です。

時代は進み、紀元前100年になると南アメリカにおいて先住民であるインディオ達がプラチナの装身具を身に付けるようになりました。
しかし彼らがどのように加工してプラチナを身に付けるように至ったのか、その技術は今でも謎に包まれています。

〇最初は理解されなかったプラチナの価値
中世になると、プラチナが豊富にある南アメリカをヨーロッパ人が征服し始めました。
彼らは融点が高くなかなか解けない銀色の粒を見てその価値を理解することはありませんでした。
現在プラチナと呼ばれているその名称は、この「銀の小粒」という所から命名されたのです。

〇研究の結果価値が認められるように
1751年、ヨーロッパの征服者が本国に持って帰ったプラチナが実は貴金属に分類されるものであったということが研究によって明らかとなりました。
ここからヨーロッパ各国はプラチナの精錬・加工技術を競って開発していきます。
その結果最も成果をだした国はフランスでした。

その当時の王であるルイ16世は「プラチナは王様のための貴金属だ」と言いプラチナからできた装飾品をたくさん作りました。
またスペインのカルロス4世もプラチナを愛し、宮殿内に黄金の間を超えるプラチナの間を作らせました。

〇プラチナ・ジュエリーの誕生
19世紀になるとプラチナの価値はジュエリーでも認められるようになっていきます。
その発端をつくったのが冒頭でご紹介したルイ・カイティエです。
彼はプラチナを初めてジュエリーに取り入れて、繊細で軽やかな宝石だけを連ねたような華麗なジュエリーをつくりだすことに成功しました。

こうしてプラチナは宝石として重宝されるようになっていきました。
日本人にこのプラチナのすばらしさが伝わるのはこのすぐあとのお話です。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける