貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

貴金属のリサイクル!ロジウムの特徴と用途を解説します!

「工場で使わないロジウムのスクラップ品を買い取ってほしい。」
「そういえば、ロジウムってどんな製品や環境で使用されているの?」
日常生活で聞き馴染みのないロジウムですが、日常生活で身近なさまざまなものに使われています。

今回は、『ロジウムの特徴と使用用途』について詳しく説明していきます。

■ロジウムの特徴
ロジウムとは、硬度・電気抵抗・耐食性に優れた銀白色の貴金属です。
また、ロジウムはレアメタルと呼ばれる天然の産出量が少ない金属の一つです。
ロジウムは元素表の白金族と呼ばれる元素群の一つで、その中で硬度の高さ・電気抵抗の低さから以下の分野で使用されています。

■用途1.「装飾品」
・メッキ
ロジウムは装飾品の着色・強化のためにメッキとして使用されます。
例えば、金に銀・ニッケル・パラジウムが混ぜられた『ホワイトゴールド』は、色みを銀白色にするためにロジウムメッキが行われます。

・合金
ロジウムはプラチナと混ざった白金ロジウム合金やプラチナ・パラジウムと混ぜられた白金パラジウムロジウム合金として使用されています。

■用途2.「化学反応の触媒」
・自動車
ロジウムは自動車の排気ガス中の有害物質を取り除くための触媒(三元触媒)として使われています。
自動車から排出される有害物質には、窒素酸化物、炭化水素、一酸化炭素がありますが、ロジウムを触媒に使うことで、窒素酸化物を窒素に変換できます。
ロジウムの使用用途のほとんどは、この自動車排気ガスのための触媒です。

・有機合成
有機合成とは、医薬・電子材料の開発に必要な有機化合物を合成する研究分野です。
オキソアルコールや酢酸を生産する反応過程で触媒としてロジウムが使われます。

■用途3.「工業部品」
・るつぼ
ロジウムを10%程度プラチナに混ぜた白金ロジウム合金は融点が高く、工業用のるつぼに使用されます。

・コンピューター
硬度・耐食性の高さ・電気抵抗の低さから、ロジウムはコンピューターのリードスイッチに使われることがあります。

ここまで様々なロジウムの使用用途を紹介してきましたが、この他にも熱電対・ガラス繊維製造用ノズルなど様々な分野で使用されています。

 

以上が、『ロジウムの特徴と使用用途』についての解説でした。
神戸ゴールドバンクは固体・液体・粉体など金属の状態を問わず、工業用スクラップや歯科貴金属に使われる金・銀・プラチナ・パラジウム混合品・レアメタルなど貴金属なら何でも買取いたします。

不要になった金属スクラップを処分したい業者様・個人様はお気軽にご連絡ください。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける