貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

HDD基板とは?買取は可能?価格相場は?

パソコンのハードディスクに使われているHDD基板は、内部に金・銀・パラジウムなどの貴金属が含まれているため、買取が可能な工業用スクラップの一つです。HDD基板の売却をお考えの場合、「このHDD基板は買取してもらえるのか?」などの疑問をお持ちの方もいるでしょう。
そこで今回は、HDD基板の基本的な知識を交えながらHDD基板の買取について解説していきます。

HDD基板とは?

HDD基板とは、HDD(ハードディスク・ドライブ)に使用される基板のことです。

HDDとは、コンピュータシステムおいて、磁気記憶方式によってデータを読み書きする記憶装置の一種です。パソコンの外部記憶装置として標準的に搭載されています。

HDDはデスクトップパソコンやノートパソコン、サーバーなどに内蔵されています。

HDDの構造とHDD基板
HDDは、内部の中央にあるプラッターという磁気ディスクが1枚から複数枚存在し、気密構造になっています。プラッターの両面には、磁気ヘッドが取り付けられたアクチュエータというものが取り付けられており、固定された軸を中心に、プラッター上を移動できるようになっています。
HDD基板は、HDDの裏面に取り付けられており、基板上にはハードディスクコントローラと呼ばれるマイクロコントローラチップが搭載されています。ハードディスクコントローラの名称の通り、磁気ディスクの制御の役割を果たしています。また基板上にはキャッシュメモリというものも搭載されており、読み出したデータの一時的な蓄えや、書き込み前のデータの保管に使用されています。

HDD基板は買取できる?

HDD基板をはじめ、一般的な基板には、金・銀・パラジウムなどの貴金属が含まれているため、買取が可能な場合があります。そのため、HDD基板も買取対象となり得ます。

基板とは、電気を通さない絶縁体の板の上に、IC(集積回路)や抵抗器、コンデンサーなどの電子部品がはんだ付けされているものです。

この基板の配線や電子部品の中に貴金属が含まれていることがあるため、買取査定の際には、精製・分析して、貴金属の量を測定します。

HDD基板といっても種類は多様で、含まれている貴金属の量もさまざまです。お手持ちのHDD基板がどのくらいの価値があるのか、ということは精製・分析して初めてわかります。

HDD基板の買取価格について

HDD基板は、商品毎に含有されている貴金属量に違いがあるため、全て一旦お預りの上で精製分析を行い、後日含有されている貴金属を回収の上で御精算となります。
貴金属含有量にもよりますが、貴金属が高品位で含有されている場合は例えば、30kgのHDD基板をお預りして、500,000円で買取したケースも決して珍しくなく、まずはお客様お手持ちのHDD基板があれば、お気軽にお問合せを頂ければと思います。

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、専用分析機材・精製装置を用いて高い貴金属回収率を実現しています。売却をご検討の方はぜひご参考ください。

関連ページ
基板・電子部品系スクラップの買取相場
基板・金メッキ端子は買取可能?買取価格はどれくらい?
金銀パラジウムなど工業用貴金属スクラップの業者買取の流れとは!?

まとめ

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、HDD基板をはじめとした、パソコン関連のスクラップについても、幅広い種類に渡り、買取を行っています。
HDD基板に関してはもちろん、その他のパソコン関連のスクラップについても、買取を希望されている方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

HDD基板の買取に関するページ

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける