貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

プラチナよりも高く買取されるパラジウムの取引相場はどれくらいなのか?

パラジウムという貴金属をご存知ですか?
ゴールド(金)やプラチナ(白金)と同じ貴金属で、プラチナやホワイトゴールドと間違えられることもあります。
産出量が少なく、また他の金属よりも用途が多様なため、大変価値が高い貴金属です。
今回は、そんなパラジウムの特徴と相場について詳しく解説していきます。

□パラジウムとは?
1803年にイギリスの化学・物理学者のウイリアム・ウォラストンによって発見された貴金属です。
当時発見されて話題になっていた「パラス」という小惑星からパラジウムという名前がつきました。
パラジウムは、水素を取り込む能力に優れています。
どのくらい優れているかというと、自己の体積の935倍の水素を取り込むことが可能です。
金属の中においては融点が1554度と低いため、加工性に優れ、他の金属との合金もしやすいという特徴があります。

□パラジウムの用途
先ほども述べたように、パラジウムには水素を取り込む能力や加工性に優れ、他の金属との合金もしやすいという特徴があります。
そのため、指輪に使われるといった宝飾用合金のみならず、ガソリン自動車の排ガス浄化触媒や電子・電気材料用、銀歯などの歯科用合金などに幅広く利用されています。

自動車の排ガス浄化触媒として大部分のパラジウムは使われています。
そのため、パラジウムを買い取ってくれるところは、ジュエリーショップ以外にも数多くあります。
他の金属に比べて売却先は豊富といえるでしょう。

□パラジウムの買取相場
2018年10月現在のパラジウムの1グラム当たりの買取価格は4000円前後です。
プラチナの買取価格は3000円前後なので、現在パラジウムはプラチナよりも高値で取引されているといえます。
パラジウムは様々な用途に用いられている分、買取価格は景気の影響を受けやすいので、タイミングを見計らって、売却などの取引をすることをお勧めします。

□終わりに
この記事では、他の金属と間違えられがちですが、高い価値を持つパラジウムについて、その特徴と買取相場を解説しました。
希少価値が高く多くの用途に使われているパラジウムは、現在プラチナよりも価値が高く、売るタイミングとしては今がベストなのではないでしょうか。

私たちは多くの金属の買取を行っています。
パラジウムの買取も行っておりますので、興味を持たれた方はぜひ当社でのお取引をご検討いただけると幸いです。
パラジウムを買いたい、またはその検討をされている皆さんのご連絡をお待ちしております。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける