豆知識 bits of knowledge

択捉島にレニウムが埋蔵?北方領土返還交渉はどうなるのか

みなさんロケットノズルや超耐熱合金に使用されているレニウムという希少金属をご存知ですか?
レニウムは希少な資源で使用した後はリサイクルされ循環利用されています。
しかし、その希少なレニウムは北方領土である択捉島に埋蔵していることが発見されました。
そこで今回は、択捉島に埋蔵されているレニウムについてご説明します。

□レニウムの生産国
レニウムはチリやアメリカなど少数の国からしか生産されておらず、世界の埋蔵量は推定で1万3000トンといわれています。
この量はプラチナや金よりも少なく、とても希少な資源です。

□レニウムとは?
レニウムはとてもマニアックな金属のため知っている方はほとんどいないでしょう。
レニウムはレアメタルの一種で主に軍事目的に使われる軍事資源です。
レニウムはとても珍しい資源で日本も喉から手が出るほど欲しています。
しかし、ロシアにも同じことが言えるので、今回は択捉島で発見されたことで問題となっています。

□択捉島にレニウムが埋蔵

*世界年間使用量の半分が埋蔵
択捉島にレニウムが埋蔵されていることが報道されました。
その量は世界の年間使用量の半分にも及ぶと推定されています。

*北方領土返還交渉に問題
このレニウムはとても希少な資源で、主に空軍機のエンジンには欠かせない金属です。
それがよりにもよって択捉島で発見されたました。
択捉島は北方領土の一部の島で現在もロシアと議論をしています。
しかし、この島でレニウムが発見されたことでロシアは択捉島を手放そうとはしないでしょう。
そのため、この埋蔵発覚はロシアとの北方領土返還交渉の障害になると言われています。

□レニウム埋蔵は誤報?
択捉島には世界年間使用量の半分ほどのレニウムが埋蔵していると報道されていましたが、専門家によるとその可能性は低いと言われています。
この埋蔵されているレニウムは火山の噴煙から生まれたもので、この噴煙の中に高濃度でレニウムが存在するといわれていました。
しかし、実際の量は期待の量よりも少なく、噴煙に存在するレニウムは学問的にいうと高濃度かもしれませんが、産物利用できるかと言われると「Yes」と返事した専門家はいませんでした。

□まとめ
ここまで、択捉島に埋蔵しているれに有無についてご紹介しました。
択捉島にレニウムが埋蔵されていれば北方領土返還交渉の障害になりますが、実際は産業利用できるほどの量は埋蔵されていないという意見もあり誤報の可能性もあります。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける