貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

ICチップとは?買取は可能?価格相場は?

ICチップは内部に金・銀・パラジウムなどの貴金属が含まれているため、買取が可能な工業用スクラップの一つです。ICチップにも種類があり、どのICチップが買取してもらえるのか、わからないという方もいるでしょう。
そこで今回は、「ICチップは買取してもらえるのかどうか?」という疑問を、ICチップの基本的な知識を交えながら解説していきます。

ICチップとは?

ICチップとは、「IC(Integrated Circuit)=集積回路」を、小さな半導体基板の上に作り込んだものです。

集積回路とは、トランジスター、ダイオード、抵抗、コンデンサーなど、さまざまな回路を組み込んだ、超小型の電子回路のことです。電化製品を制御する頭脳中枢であり、効率よく機器を動かすのに欠かせないものです。

ICチップは、身の回りに存在するパソコンや家電など、あらゆる電化製品に使用されています。

ICチップは買取できる?

ICチップには、金・銀・パラジウムといった貴金属が含まれているため、買取ができることがあります。

ICチップの中でこれらの貴金属が使われている部分は、例えばボンディングワイヤです。ボンディングワイヤとは、ICチップ上のアルミ電極と、外部と接続するためのリード電極とを電気的に接続するための配線材のことです。そのワイヤは非常に細く、現在では15~25マイクロメートルが主流であるようです。

このボンディングワイヤや、その他の部分に、金属的価値が高いものが使われているICチップであれば、より高値で買取できます。

買取できるICチップ搭載のスクラップ類

ICチップは、さまざまな基板や電子部品で使われているため、さまざまな種類の基板・電子部品系スクラップ類の買取ができる場合があります。例えば、次の種類があります。

・メモリー

パソコンのメインメモリーなどのメモリーもICチップの種類の一つです。メモリーとは、CPUが処理するデータを一時的に保持するためのパーツです。

・基板

基板とは、プリント基板とも呼ばれる、パソコンをはじめとして、あらゆる電子機器に入っている板状の部品のことです。樹脂などでできた板の上にICチップや抵抗器、コンデンサーなどの電子部品がはんだ付けされています。例えばマザーボードや、拡張カードなどがあります。

・CPU

CPUとは、Central Processing Unitの頭文字を取ったもので、中央処理装置とも呼ばれる、コンピューターの主要な部分です。演算装置と制御装置を統合したもので、他の装置や回路の制御やデータの演算などを行います。CPUは、一枚のICチップに集積されたマイクロプロセッサ(MPU)が用いられるのが一般的です。

ICチップの買取価格について

ICチップは、商品毎に含有されている貴金属量に違いがあるため、全て一旦お預りの上で精製分析を行い、後日含有されている貴金属を回収の上で御精算となります。
貴金属含有量にもよりますが、貴金属が高品位で含有されている場合は例えば、30kgのメモリー、基板、CPU等をお預りして、500,000円で買取したケースも決して珍しくなく、まずはお客様お手持ちのICチップがあれば、お気軽にお問合せを頂ければと思います。

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、専用分析機材・精製装置を用いて高い貴金属回収率を実現しています。売却をご検討の方はぜひご参考ください。

関連ページ
基板・電子部品系スクラップの買取相場
金メッキ端子は買取可能?買取価格はどれくらい?
金銀パラジウムなど工業用貴金属スクラップの業者買取の流れとは!?

まとめ

「このICチップにはどのくらいの貴金属が含まれているだろうか?」「この基板のICチップは売れる?」など、ICチップ買取に関するどのようなご相談でも、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

ICチップの買取に関するページ

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける