貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

金メッキは買取可能?買取価格はどれくらい?

工業系の貴金属廃材を持て余している方の中で、金メッキの売却についてお考えのこともあるのではないでしょうか?
金メッキの買取は可能なのか?金メッキの特長や種類と合わせてご紹介します。

金メッキとは?

金メッキとは表面に金メッキ処理がされている物品のことをいいます。

例えばアクセサリーでいうとわかりやすいです。純金製のアクセサリーとは異なり、金メッキのアクセサリーは、金の薄い膜が貼られています。内部は真鍮などであり、表面だけ金に見えるように金で覆われているアクセサリーのことをいいます。一方、純金製は、中身も外側もすべて金の、金100%のアクセサリーです。

金メッキのアクセサリーの場合、純金製と比べると非常に軽くなります。一方で、100%純金製でできているアクセサリーであれば、すべてが金なのでずっしりと金属の重みがあるのが特徴です。

金メッキは、電気を用いて、薄い金の膜を張ったものが一般的です。
金メッキにすると、耐腐食性が高くなることから、内部の金属を高める効果を持ちます。一方で、はがれやすく、傷も入りやすいことから、取り扱いには注意が必要です。

関連ページ
金メッキ製品とはどのようなもの?
金メッキの買取について

金メッキの種類

金メッキには、金メッキ品、金蒸着、金メッキ端子などさまざまな種類があります。
それぞれについて解説していきましょう。

●金メッキ品

ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーや、メガネ、仏具、時計、口金などがあります。金メッキといえば、これらを思い出す方は多いのではないでしょうか?

●金蒸着

金蒸着(きんじょうちゃく)とは、金属被膜を真空蒸着により作ることや、金蒸着によって作られた物品を指します。真空蒸着とは真空中で金属や化合物などを加熱蒸発させ、その蒸気を物体表面に薄膜状につけることです。メッキとは異なり、真空で行うのが特徴です。レンズのコーティング、電子部品や半導体、集積回路、光学部品の反射膜など数ナノメートルから数マイクロメートルの膜の形成ができます。

●金メッキ端子

電化製品の端子に、金でメッキ加工されたものを金メッキ端子といいます。端子を金メッキにすることで、電気導電性・耐食性が高くなるメリットがあります。

関連ページ
金メッキ製品とはどのようなもの?
金メッキの買取について

金メッキの買取はできるのか

弊社では金メッキの買取が可能です。金メッキは、そのままの状態では買い取ることが難しいですが、精製分析によって、金属含有量を正確に分析することができるため、買取が可能です。

精製分析の際、まず金メッキ製品全体を溶解してから、金だけを回収します。金だけで、どのくらいの量になるのか調べます。

金メッキの厚さは、物品によって大きく変化しますが、一般的にはその厚さは全体の厚さの1%未満にしかなりません。まずは無料のサンプル分析をご利用いただくことをおすすめします。

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、自社工場にて重機類も完備しているため、大量な商材の荷受けも可能で、問題なく処理することができます。ある程度まとまった量のほうが買取しやすくなります。

金メッキの買取価格の相場は?

それでは金メッキの買取価格は一体どのくらいなのでしょうか。

ケースバイケースなので一概には言えませんが、金メッキが少量の場合はそれほど高い査定金額は付かないと思ったほうがいいかもしれません。

ただ、大量に保有している、もしくは定期的に発生するといった場合には、一度査定を依頼してみる価値があると思います。
最新の買取相場は以下のページに掲載していますので、金メッキ端子の売却をご検討の方は、ぜひご覧ください。

金メッキの買取について

まとめ

K.G.B.(神戸ゴールドバンク)では、では、金メッキの買取を積極的に行っております。
金メッキの売却をお考えの場合には、ぜひK.G.B.(神戸ゴールドバンク)にご相談ください。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける