貴金属買取価格・相場情報ブログ

地金・ジュエリー・腕時計を取り扱うK.G.B.のブログです。
日々の貴金属市況について、世界経済との関わり合いなどから、
わかりやすくお伝えしていきます。

※投資は自己責任にてお願いします。

原油相場年初来高値を更新するも金属相場は軟調。

UPDATE
2018.07.04
GATEGORY

NY株式市場は、IT株の総下落と祝日前の利益確定売りで下落し、主要3指数共に4営業日ぶりに反落。

LME非鉄相場は、引き続き米中貿易戦争による需要減少懸念から投機的な売り局面が続き、亜鉛は17年8月以来の2800ドルの節目割れ。

銅・ニッケル・アルミは、ドル安を強材料に前半上昇するものの、NY株式市場のリスクオフや米中貿易戦争激化が弱材料となり終値で続落。

NY貴金属相場では金が反発し1250ドルを回復し終値で前日比11.8ドル高の1253.5ドル。

白金族も買戻しの動きが強まりプラチナはドル安を背景に上昇。前日比32ドル高の841ドルで引け、パラジウムも上昇し938ドル。

引き続き米中欧の貿易摩擦懸念が市場の大きな不安材料となる中、小出しのニュースで一喜一憂するような相場展開がしばらく続く見通し。

 

 

≪本日の主要経済指標発表予定リスト≫

4日  10:45 中国:6月財新サービス業PMI

4日  17:00 ユーロ:6月サービス業PMI

天気マークの説明

  • 1.強基調・上昇
  • 2.横ばい・もみ合い
  • 3.弱基調・下降
  • 4.急騰・急上昇
  • 5.急落・急下落
  • 6.ジリ高(市況:好調)
  • 7.ジリ安(市況:好調)
  • 8.ジリ高(市況:低調)
  • 9.ジリ安(市況:低調)

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける