相場天気予報MARKET FORECAST

貴金属の買取、貴金属地金(インゴット)オンライン売買の
K.G.B.神戸ゴールドバンクが発信する相場情報です。
各貴金属の最新相場状況が天気予報のマークで一目でわかります。

※投資は自己責任にてお願いします。

FOMC前の調整相場

UPDATE
2016.12.13
GATEGORY

週末OPECと非加盟産油国が協調減産に合意したことを受け、月曜日の市場はリスクオンスタート。原油高はドル高・米長期金利上昇につながり、圧迫された貴金属は急落。為替も116円まで円安が進みました。

しかし、米時間に入ると市場の様相は一変。FOMCを前にした調整相場となり、ドル高は一服。下げていた貴金属は買い戻され、円も114円台まで押し戻されています。

 

本日から開催されるFOMCでの利上げはほぼ織り込み済み。市場の関心は今後の利上げペースや、イエレンFRB議長の去就など、FOMC声明及びその後の会見へと移っています。

また、トランプ大統領への期待感からリスクオンが続く市場ですが、急激なドル高は決して米国として歓迎すべき事態ではありません。FOMCでドル高をけん制する可能性があるとの報道も出ています。

FOMCへの憶測で相場は右往左往しますが、結果を受けた市場の動きを見極めることが大切ですね。

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける