相場天気予報MARKET FORECAST

貴金属の買取、貴金属地金(インゴット)オンライン売買の
K.G.B.神戸ゴールドバンクが発信する相場情報です。
各貴金属の最新相場状況が天気予報のマークで一目でわかります。

※投資は自己責任にてお願いします。

FOMCは予想以上にタカ派

UPDATE
2017.06.15
GATEGORY

注目のFOMCは想定通り0.25%の利上げを決定。

今後の利上げについては、年内あと1回、来年3回と従来の見通しを維持。

また、焦点となっていたバランスシート縮小については、年内に開始し、具体的に内容にも言及するサプライズ。

FOMCを前に発表された米CPIが市場予想を下回っていた事もあり、インフレに対するFRBの考えが注目されていましたが、FRBはインフレ見通しを下方修正したものの、インフレ鈍化は一時的なものとの認識を示しています。

 

6月FOMCは予想よりタカ派です。

足元の景気回復の不透明感から、利上げペースが鈍化する可能性が高いと思われていましたが現状のペースを維持。バランスシートの縮小についても、影響力の強い利上げに替わる代替案的なイメージでしたが、今回の内容では利上げとバランスシートの縮小を同時に行う可能性を示唆。また、バランスシートの縮小についての論議も予想より相当具体的なところまで落とし込まれていることが判明しました。

正直ここまでイエレンFRBが強気にでるとは思っていませんでした。昨日発表された米CPIや米小売売上高が示すように、現状のインフレ率は完全に伸び悩んでおり、その他の経済指数も下向き。利上げとバランスシート縮小の同時活用に耐えられるような強さは感じません。

近いうちに行われるであろうFRBメンバーの入れ替え前に、少しでも出口戦略を進めておこうという思惑が働いたとの話も出ていますが、いずれにしろ慎重なイエレンFRBらしからぬ結果と言えます。今回のFOMCの見通し通りに事が進むとは思えませんね。

 

FOMC前の弱い米経済指標を受け、一時相場はドル安に振れていましたが、タカ派的FOMCを受け反転。

貴金属も急騰から急落に転じ、金は結局1260ドル付近まで下落。非鉄はまちまちの動き。一方で為替は109円付近まで円高に振れたまま戻りも限定的。

全体的に今回のFOMCを消化しきれていない感じが強く、FOMCの解釈を巡り本日も荒れそうです。

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける