相場天気予報MARKET FORECAST

貴金属の買取、貴金属地金(インゴット)オンライン売買の
K.G.B.神戸ゴールドバンクが発信する相場情報です。
各貴金属の最新相場状況が天気予報のマークで一目でわかります。

※投資は自己責任にてお願いします。

理解が難しい相場

UPDATE
2017.04.06
GATEGORY

ADP雇用統計は市場予想を大幅に上回る改善を見せました。

これを受け、週末に控えた米雇用統計への期待も高まりリスクオン、ドル高の流れ。NYダウは急騰し、貴金属は急落となりました。

 

そして3月FOMC議事録公開。議事録では米国は完全雇用に近い状態にあるが、インフレ率については目標である2%に届いていないと多くのメンバーが考えていることがわかりました。利上げペースについては意見が分かれており、ここまでは想定。

サプライズはバランスシート縮小の議論。大半メンバーが経済が順調に回復すれば年内にもバランスシートの縮小が適切になると考えていることが判明。バランスシートの縮小は来年2018年からというのが市場のコンセンサスでしたが、それが前倒しされる可能性が出てきたことは悩ましい事案。FRBは追加利上げだけでなく、バランシートの縮小も行使しながら経済バランスをコントロールしていくつもりのようです。

 

FOMC議事録を受け、ドル高が加速するかと思いましたが、なぜか公開後はドル安に動いています。

これについては議事録でバランスシートの縮小についての言及はあったが、具体的な方法論まで突っ込んだ話になっていないことや、早期利上げを連想させる内容ではなかったこと。また、米中首脳会談を前にしてバランスをとる動きが作用した。などの見解が出ていますが、今一つ腑に落ちるロジックが見つかりません。

相場は結局行って来いで前日とほぼ変わらない水準ですが、理解しがたい歪が溜まっていっている印象です。大きな地崩れが起きなければよいのですが

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける