貴金属買取価格・相場情報ブログ

地金・ジュエリー・腕時計を取り扱うK.G.B.のブログです。
日々の貴金属市況について、世界経済との関わり合いなどから、
わかりやすくお伝えしていきます。

※投資は自己責任にてお願いします。

引き続き米中貿易摩擦懸念、ドル高が金属相場のリスクオフ要因に。

UPDATE
2018.06.29
GATEGORY

月末、期末を控えNY株式市場は主要3指数がそろって上昇。

米国株式市場が上昇したことを好感し、東京株式市場は反発してスタート。

依然として米中貿易摩擦への警戒感が根強く、上値は限定的とみられている。

 

LME相場は、総じてネガティブ領域で引け、錫・銅はリスクオフの流れ継続。

その中で亜鉛は下げ相場を象徴してきたが、前場から回復をみせ、0.7%上昇。

直物3か月のスプレッド逆鞘が緩和したこと、オンワラント在庫が6%減少したこと、

中国精錬業者が最近の価格下落と処理費の安さを踏まえて10%減産を計

画していることが伝わったことなどが好材料となった。

NY貴金属市場の金は外為市場でのドル高、ユーロ安継続を受け下落。

ドルが対ユーロで強含みで推移していることが引き続き圧迫要因となり、引き続き苦戦している。

 

 

 

≪本日の主要経済指標発表予定リスト≫

29日  18:00 ユーロ:6月消費者物価指数

29日  22:45 アメリカ:5月個人消費支出

29日  23:00 アメリカ:6月ミシガン大学消費者態度指数

天気マークの説明

  • 1.強基調・上昇
  • 2.横ばい・もみ合い
  • 3.弱基調・下降
  • 4.急騰・急上昇
  • 5.急落・急下落
  • 6.ジリ高(市況:好調)
  • 7.ジリ安(市況:好調)
  • 8.ジリ高(市況:低調)
  • 9.ジリ安(市況:低調)

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける