貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

金の純度ってどのくらい?買取専門店が解説

「金を使ったアクセサリーを持っていて、買い取ってもらいたい」
とお考えの方はおられませんか?
金の純度によって買取金額は変化してきます。
今回は純度に注目して、金の種類ごとの特徴と用途の違いについてご紹介します。

□24金の用途や特徴

24金は混合物が入っていない純粋な金で、純金とも言われています。
ほとんど混合物が入っていないため、腐敗もせず。また変色もしないためその輝きは永久的に持続します。
基本的にコインや延べ棒、インゴットのように金そのものの価値を十分に出せるように加工されたり、長年保有して相場が上がった時に売る、といったように資産として保有する方もいらっしゃいます。

□18金の用途や特徴

18金は純金が75%、混合物が25%の割合で含まれています。
高い純度を保ちつつ、加工しやすい柔軟さと適度な硬さを持つ18金はジュエリーにはうってつけです。
ピンクゴールドやホワイトゴールドなどといったカラーバリエーションが豊富なのも魅力です。
ジュエリーの他にもライター、カメラ、スマホケースなどその用途は多岐に渡ります。

□10金の用途や特徴

10金は純金の割合が42%ほどですが、お手頃価格で楽しむことができます。
他の金と比較して丈夫なことや色調の幅が広いため様々なデザインを実現できます。
10金を使用したアクセサリーにはデザイン性に優れたものが数多くあります。
ペアリングにも10金はおすすめです。
男性はホワイトのような色味のないリングを好みますので、男性用にホワイトゴールド、女性用にピンクゴールドと言うようにペアリングにするのもおすすめです。

□金メッキの用途や特徴

金は基本的に錆びることがなく、耐食性に優れています。
また、光沢がよく、金自体は変色しないため性質を変化させやすいのです。
また、導電性、接触抵抗値の変化が少ない、ボンディング性が良いなどの理由から工業用にもたくさん使用されています。
用途としては、装飾用としてネックレス、メガネ、イヤリングなどにも使用されています。

□買取価格はどのくらい?

最後に買取価格ですが、基本的に純度が高いほど買取価格も高くなっていきます。
現在の金は1グラム当たり5000円ほどで売買されています。
金の色によって違いはありません。
そのため買取価格を計算するには該当する金の含有量によって買取価格を計算するので金の色によって買取価格に差が出てしまうことはありません。

□まとめ

以上、金の純度と買取についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
ぜひこの記事を参考にしていただきお役立てください。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける