豆知識 bits of knowledge

ダイヤモンドの特徴と用途とは?

「ダイヤモンドを買い取ってもらいたい……でも買い取られたダイヤモンドは何に使われるのだろう?」
「ダイヤモンドって、何が特徴だったかな……?」
そのような疑問をお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、ダイヤモンドの特徴と用途についてお話しします。

□ダイヤモンドとは

そもそもダイヤモンドとは、どのような物質なのでしょうか。
ダイヤモンドとは、炭素が結晶化して完成した天然の鉱物であり、地球上で最も硬い物質です。
「ダイヤモンド」という名前は、ギリシャ語の「Adamas(屈しない)」が語源となっており、「万物の中で最高の硬さと美しさ」を持つことに由来します。

□ダイヤモンドの特徴

ダイヤモンドの特徴は先ほど述べたとおり、地球上で最も「モース硬度」が高い物質として知られています。
「モース硬度」とは、鉱物の中から10種類を選び、お互いに引っかき傷がつけられるかを数値化したものです。
ダイヤモンドのモース硬度は最高値である「10」、ルビーやサファイアは「9」、水晶が「7」ということを考えると、いかにダイヤモンドが硬いかを実感できるでしょうか。
また、ダイヤモンドの特徴はその輝きです。
これはダイヤモンドの光の屈折率に由来しています。
ダイヤモンドの屈折率は2.24と、他の宝石に比べて最も高い数値を誇ります。
また、ブリリアントカットと呼ばれる特殊な加工を施されたダイヤモンドは、虹色に輝く特徴があります。

□ダイヤモンドの用途

貴金属・ネックレスに使われる他にも、ダイヤモンドには様々な用途があります。
ダイヤモンドは天然の鉱物のため、当然純度が低いものや、小粒のものが採掘されます。
こういった、宝石として使うことが難しいダイヤモンドは、工業用ダイヤモンドと呼ばれています。
工業用ダイヤモンドの主な用途は、ダイヤモンドカッターです。
道路工事などで、アスファルトを切断する光景を目にしたことはないでしょうか。
そのように、石材・金属を切断する用途で使われるダイヤモンドカッターに、工業用ダイヤモンドは使われています。
また、現代の家電製品にもダイヤモンドが使用されています。
ダイヤモンドは優れた熱伝導性を持っており、将来的な半導体の素材として注目されています。
家電製品の他、テクノロジー全般にもダイヤモンドは欠かせない素材になります。

□まとめ

ダイヤモンドの特徴と用途についてご紹介しました。
当社では、金・プラチナ・貴金属買取サービスを行っております。
宝飾品・貴金属の買取なら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける