豆知識 bits of knowledge

ダイヤモンドの品質基準である4cとは?

「4cってよく聞くけど、どんなものなのだろうか……」
そのようなお悩みをお抱えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、ダイヤモンドの品質基準である、4cについてご紹介します。

□4cとは
4cとは、米国宝石学会のG.I.Aの品質評価国際基準が定めた、ダイヤモンドの品質基準を評価するための4つの要素のことです。
その4つの要素とは、
・Cut(輝き)
・Carat(重さ)
・Color(色)
・Clarity(透明度)
以上が4cの評価点です。
それでは、それぞれの項目について詳しくご紹介します。

*Cut(カット=輝き)
ダイヤモンドのカットの品質を決める評価です。
「Excellent」「VeryGood」「Good」「Fair」「Poor」の五段階で評価されます。
最高品質である「エクセレント・カット」は、ダイヤモンドの原石が最大の輝きを放つように工夫を重ねたカット法です。
入射光をほぼ100%近く反射させる技術が、職人には求められます。

*Carat(カラット=重さ)
カラット、という単語は聞いたことがあるという方は多いと思われます。
ダイヤモンドの重量を表示するために使われる単位です。
この値が大きければ大きいほど、ダイヤモンドの量が多いということを示します。

*Color(カラー=色)
ダイヤモンドの色によって評価する項目です。
カラーはアルファベットのDからZまであり、Dに近づくにつれてダイヤモンドの透明度が上がります。
Dより下にいくにつれて、無色透明ではなくなっていき、価格も下がります。
最高ランクであるDは黄色などの変色がなく、完全な無色透明のダイヤモンドです。

*Clarity(クラリティ=透明度)
ダイヤモンドは、まれに内包物(インクルージョン)や傷、ほこりが含まれている場合があります。
これらの内包物や傷の多さや大きさ、場所によってクラリティの価値は決まります。

□トリプルエクセレント
トリプルエクセレントとは、カット評価でエクセレントを受けたダイヤモンドの中で、なおかつカットの評価基準になる項目の内、対象性と研磨状態がともにエクセレントの評価が出たもののみを言います。

□まとめ
ダイヤモンドの品質基準である、4cについてご紹介しました。
当社「神戸ゴールドバンク」では、お客様の不要となった金プラチナ・貴金属を高価格で買取させていただきます。
また、地金の購入・売却サービスも行っております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける