貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

投資に使われる金地金とは?その購入方法を紹介します

金地金をという言葉を耳にしたことはありますか。
なんとなく見たことや聞いたことはあっても、それが何か知らない人も少なくないと思います。
今回は金地金とは何か説明して、その購入方法をいくつかご紹介します。

金地金とは?
金地金とは、投資や資産運用に使われる金の延べ棒のことです。
インゴットやゴールドバーとも呼ばれます。
金地金には金塊番号や商標、大きさや素材などの情報が刻印されています。
その価格は刻まれた大きさによってかわりますが、1kgの相場は450万円程度です。

金地金の種類

金地金はその大きさによって分類されています。
このとき基準となる金地金の大きさをバーサイズといいます。
一般的に用意されているバーサイズは5gから1㎏までありますが、会社によっては1gから取り扱っているところもあります。

金地金の購入方法

実は金地金を購入できる場所はたくさんあります。
貴金属商や宝石商はもちろん、デパートや鉱山会社、商社でも購入できるのです。
これらの会社から金地金を購入する方法は大きく分けて次の3つです。

店頭

当然ではありますが、金地棒は店頭で購入することができます。
金属メーカーの直営店などいくつかの会社では、金地金を購入できるだけではなく、金投資の方法についても相談できます。

電話

店頭での購入が難しい方は、電話でも注文することが可能です。
電話で購入する時も、店頭と同じくオペレーターに金投資について相談することが可能です。
電話で注文した際は、代金の振り込みが確認されたら、金地金が発送されます。
また、郵送されるときは紛失などのトラブルの際には保険が適用されることを覚えておきましょう。

インターネット

「電話する時間もない!」という多忙な方は、インターネットでも購入可能です。
ただし、インターネットで注文する場合、金をどこで管理するかで次の2つに分類ができます。

郵送

これは電話で注文した場合と同じで、金を指定された住所にお届けします。
この場合、金地金は個人で管理することになります。

純金積み立て

純金積み立て口座を開設すると、インターネットで場所や時を選ばずに金を取引することができます。
その日の金の価格を見て、安くなったタイミングですぐに購入できるだけでなく、どこかの月で定額分の金を積み立て購入することもできます。
積み立てた金を金地金として引き出すことも可能です。

関連ページ
そもそも金の持っている特徴や用途とは?
金買取の相場はどのくらい?

まとめ

このように金地金を購入する方法はいくつかあります。
金の重みを直に感じられる金地金を購入する際は、ぜひご自身の状況に合った方法を選びましょう。

関連ページ
貴金属・ジュエリー 金・ゴールドに関するページ
工業系貴金属廃材・金系金属に関するページ
貴金属地金(インゴット)ネット売買に関するページ

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける