貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

イリジウムは身近にたくさんある!イリジウムを用いた携帯電話をご紹介

硬くて金属の中では最も腐りにくいイリジウム。
コンパスや万年筆など、私たちが普段使うものに用いられていますが、携帯電話にも使用されているのです。
それが、「イリジウム衛星携帯電話」です。

今回は、衛星電話の仕組みから、「イリジウム衛星携帯電話」について、ご紹介していきます。

▢イリジウムの携帯電話への影響

*衛星電話とは?
衛星電話とは、人工衛星に一般の携帯電話が直接アクセスすることで、電波の届かないエリアでも、通話やデータ通信ができるようになる電話です。
地上780㎞から36000㎞まで存在する人工衛星を利用しているため、山岳地帯や海上といった不安定な場所でも、電波を受信することができます。
そのため、災害や紛争防止のために使用されることが多いです。
以前は端末が大きかったため、通信費や端末価格が高いことが特徴でした。
しかし、最近は小型化が進み、価格も下がってきています。

このような衛星電話のサービスを行っている人工衛星の一つに「イリジウム」が存在しているのです。

*イリジウムの衛星電話
人工衛星「イリジウム」は他のものとは違い、どのような特徴を持っているのでしょうか?

イリジウム衛星電話同士の通信は、地上のネットワークを通じず、衛星のみを経由して行います。
他の端末と通信するときは、アメリカの地球局を介して一般の電話回線につなげて行います。
そのため、イリジウム衛星携帯電話は、通信が整備されていない地域でも使えることが特徴的です。
これより、海外などインフラが未整備なところで仕事している人、放送や新聞、船舶といった特定の業界に携わっている人たちにとって役立つものなのです。

このように、イリジウムは私たちの通信の不便な面を手助けしていることがわかります。

*イリジウム携帯の用途
ここまで、イリジウムは通信において、優れた特性を発揮していることを述べてきました。
しかし、具体的にどのような用途で使われているのでしょうか?

まず、イリジウム衛星電話は、車内でも円滑に使えるように工夫されています。
イリジウムのアンテナを付けることで、安定的に通信できるようにしているのです。
また、車内の限られたスペースに設置することも可能です。
車載ホルダーを用いてイリジウム衛星電話を設置すれば、揺れにも動じずに使うことができます。
もちろん、取り外しも可能です。
その他にも、アンテナとして用いることもできます。

イリジウム衛星携帯電話は、時代の変遷に合わせて様々な物にも対応できるように、変化し続けているのです。

▢おわり
このように、イリジウムは携帯電話の通信性能を上げるために、その効能を活かして使われています。
また、災害時にも強いことから、台風や地震の多い日本にとっては欠かせません。
このイリジウムは、アクセサリーも含めて身近なものに活用されています。

あなたの私物品にも、イリジウムが含まれているかもしれません。

イリジウム製品をお持ちの方は是非、当店にて査定をしてみてください。
ご来店お待ちしております。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける