豆知識 bits of knowledge

金属アレルギーについて

通常、金属そのものは身体に対して無害なものですが、汗や唾液などの体液によってイオン化した金属が体内に取り込まれます。取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合します。
このタンパク質と結合した物質を異常なものと認識した生体がアレルギー性をもつようになり、再び同じ金属が体内に入ってタンパク質と結合すると皮膚や粘膜を破壊することが金属アレルギーのメカニズムといわれています。
金属アレルギーは花粉アレルギーのように原因となる物質に接触して短期間に症状が出るタイプとは異なり、遅延型のアレルギーと呼ばれ金属に接触してからすぐに症状がでるタイプではありませんので、原因が金属と思わず悩む方も多いようです。
ピアスやネックレスなどによる皮膚症状は早期に発症しますから、原因に気がつくきっかけになります。

対策としては安全性の高い製品に変え、こまめに汗をふき取ります。一般的にはチタン製、あるいは金や白金の含有量の高いものが安全とされています。

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける