貴金属買取の豆知識 bits of knowledge

世界の金需要

金の需要としては宝飾品が圧倒的で、2006年には需要合計の約67%を占めています。2006年には、金の需要合計は、3,371トンとなっておいます。

需要を国別で見ると、2006年の数字では、インドが521トンで第1位となっており、日本は第13位の33トンとなっています。

 

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける