貴金属買取価格・相場情報ブログ

地金・ジュエリー・腕時計を取り扱うK.G.B.のブログです。
日々の貴金属市況について、世界経済との関わり合いなどから、
わかりやすくお伝えしていきます。

※投資は自己責任にてお願いします。

米CPI改善より米小売売上高悪化を材料に急騰相場

UPDATE
2018.02.15
GATEGORY

昨日発表された米1月CPIは前月比+0.5%と市場予想+0.3%を上回る結果に。

インフレ率については、長きに渡る低迷から上昇に転じるとの見方が強まってきている状況下で、今回の発表でも総合指数・コア指数ともに予想を上回る上昇を見せました。

これを受け、市場は利上げペースの加速を意識した動きとなりましたが、その後発表された1月米小売売上高が-0.3%と市場予想+0.2%を下回ったことから状況は一変。

米長期金利は高止まりしているものの、ドルは急落に転じNYダウは上昇。貴金属も急騰し、金は20ドル以上の大幅高で1350ドル台に乗せてきました。

 

なかなか理解に苦しむ動きを見せる相場となっています。結果的に見ればインフレ率の上昇というグットニュースより、小売売上高の減少というバッドニュースに反応してリスクオフに振れた市場。それぞれ利上げペースに関わるということからの反応ですが、それでもここまで極端にバッドニュースを材料に踏み上げる相場には違和感を覚えます。

また、これまでドル高より米長期金利に対して強く反応してたはずが、昨日は米10年債利回りが2.90%を越える水準まで上昇してもお構いなしの値動き。

どこかで修正局面が来るのでしょうが、歪は山積していきます。

関連ブログRelated blog

お電話でもお気軽に
お問合せください
078-891-8711電話をかける